171212_energy_03.jpg
HOME | 省エネルギー診断事業

エクスピーエナジー省エネ診断の特徴
(Energy-saving diagnosis)


  • ご家庭、事業所の電力使用機器ごとに診断が可能です

システム構成の説明

ご家庭、事業所全体の電力使用量は月末、あるいはスマートメーターで確認できますが、機器ごとの使用量はよくわかりません。
電気を消費している機器がピンポイントで分からなければ、適切で効果的な診断、アドバイスはできません。
たとえば、冷蔵庫だけ、コピー機だけなど、ご使用の機器ごとに気になる使用量を測定することで、平均的な消費量や、設備更新のタイミングなどが理解できます。そうすることで、ご家庭、事業所ごとの適切で効果的な省エネアドバイスが可能となります。

電気工事士でなければ出来ない電力量測定による、きめ細かな省エネルギー診断結果をもとに、ご家庭や、事業所様へ効果的なご報告が可能です。

  • 建築物の断熱性能、自然エネルギー(パッシプ)測定が可能です

    • 電力や、ガスなどのエネルギーを活用して空調した空間でも、その空調した熱エネルギーが簡単に建物空間より、逃げてしまったりすれば、どれだけ空調したところで、効率の悪さは改善されません。
      空調設備機器の設備投資に注目されがちではありますが、断熱性能効率向上は、省エネルギーを計画する上では、放置することが出来ません。

パッシブ測定
  • 省エネで安全なパッシブデザイン住宅・事業所を目指します

    • グループ事業であるエクスピーデザインラボでの設計で省エネルギーで、安全安心の住宅・事業所の設計施工を目指しています。